献眼慰霊碑(信貴霊苑)
 アイバンク友の会は国際障害者年の1981年11月1日に発足し、以来目的に沿った活動を積極的に行っております。
  現在の会員数は約180人です。住所は、大阪アイバンク事務所内です。
【目的及び事業】
 角膜移植を受けた者及び同手術を受けようとする者が相互に情報交換などによって、すみやかな社会復帰ができることを願うとともに、アイバンク運動を推進し、視力障害に苦しむ人びとに光明を与える事業に協力することを目的とする。

 この会では、上記の目的を達成するため、さまざまな事業を行っております。
 献眼者ご遺族への感謝、専門医による講演、会員相互の情報交換、アイバンク運動の推進、機関誌の発行などがあります。
 アイバンク友の会独自の献眼登録キャンペーンや、大阪アイバンクと合同で行うキャンペーンなどの活動には、会員が参加しています。

 平成10年,大阪府八尾市の信貴霊苑に献眼慰霊碑を建立いたしました。
 毎年5月信貴霊園で法要も執行いたしております。
  会員の作品
Copyright (C) 2008 OSAKA EYE BANK